美容皮膚科では診察を行い最適な方法を提案してくれます

サイトメニュー

美容整形がお勧めの理由

顔に触れる女性

広がる施術の選択肢とは

ほくろと聞くと生まれつきあるものというイメージを持たれがちですが、実は生まれたばかりの赤ちゃんにはほとんどの場合ほくろはありません。先天性のほくろも1〜2歳前後から皮膚の表面に見え始め、思春期の頃まで活発に増え続けます。大人になってから増える事もあり、「大人になってからできた黒子は皮膚癌の可能性がある」という話も広く信じられているので心配になる人も少なくありません。もちろん皮膚癌や悪性腫瘍の可能性がゼロという訳ではありませんが、シミのように紫外線などが原因となり大人になってからも黒子が現れるという事もあるのです。気になるほくろに関しては美容整形や美容皮膚科において除去を受ける事が可能です。その方法にはいくつか種類があり、黒子の症状によって治療方法も変わります。一般的に認知度の高い方法である液体窒素を用いた凍結療法は、比較的小さいものの除去に適しています。シミのように色も薄く膨らみのない平坦な黒子の場合は美容クリニックでのレーザー治療がお勧めです。反対に、大きく膨らみのあるものの場合はレーザー治療のみでは除去できない可能性もあるため、メスを使って切開および縫合する手術が確実です。方法によっては一度の施術で終わらない場合もありますので、治療方法や治療回数については主治医にしっかり相談しましょう。
ほくろ除去は美容整形外科や美容クリニックにおいて治療を受ける事ができますが、美容クリニックと聞くと敷居の高さを感じてしまう人もいるでしょう。もちろん通常の皮膚科でもほくろ除去は可能ですが、治療の選択肢は限られてしまいます。また、自費診療ではなく健康保険適用の治療を希望する場合はさらに難しくなります。施術の選択肢が広い事や術後の仕上がりの美しさなどを考慮すると美容クリニックでの治療がお勧めです。さらに言えば、悪性腫瘍など悪い病気が疑われる場合を除いて、ほくろとはそもそも病気ではないため通常の皮膚科で健康保険適用の施術は受けられない事もあります。治療を受ける事ができたとしても、あくまでも「除去」という施術になります。黒子が取れたとしても、取った後の皮膚が月のクレーターのようにボコボコとへこんでしまっては逆に目立ってしまい美しさは半減してしまいます。美容クリニックで提供される医療は美容医療ですから、除去したあとの皮膚が凹凸のない滑らかな肌になるような施術が目的とされます。美容整形、自費診療とは言ってもほくろの除去に関しては数万円程度で受けられる事がほとんどです。敷居の高さを感じず、身近な皮膚科を受診する感覚で一度相談してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2019 美容皮膚科では診察を行い最適な方法を提案してくれます All Rights Reserved.