美容皮膚科では診察を行い最適な方法を提案してくれます

サイトメニュー

いくつか方法があります

カウンセリング

クリニックでの施術がおすすめ

ほくろ治療にはいくつか方法があり、クリニックを利用する場合レーザー(炭酸ガスレーザーなど)治療などが有名です。いくつかメリットがあり、例えば安心・安全に施術を受けることができ、痛みをあまり感じません。麻酔を使用することがあり、1度の治療で完了ことが多くだいたい10分ぐらいで終わります。傷が小さく済むので近年よく利用されている方法です。皮膚科専門病院や美容整形で施術を利用することができ、施術した後1週間程度かさぶたができるのでテープを止めたまま約2ヶ月放置することになります。傷跡がきれいに消えるには1年くらいかかりますが、クリニックでの適切なアドバイスを受けたりアフターケアがしっかりしているので安全・安心して利用することができるでしょう。メスを使って除去する方法もあり、再発する可能性はほとんどゼロと言うことができ、大きなほくろにも対応することが可能です。1箇所に付き15分で施術を済ますことができ、特に大きなサイズの場合にメスを使った治療が多いでしょう。芯の部分まできれいに除去することができるので、再発の可能性が少ないですが傷口がレーザーよりやや大きめになります。医師がきれいに縫合してくれるので、治療した後の経過も心配いりません。
ほくろを除去するのに自分で行うことができます。除去クリームが販売されていて、メリットとして自宅で手軽に利用することができたり、リーズナブルな価格でコストを抑えたりすることが可能です。しかしいくつか心配な点もあり、安全性が不明だったり、人によっては塗った部位がヒリヒリするかもしれません。何度も続ける必要があるので手間がかかったりして面倒で、再発する可能性もあるでしょう。ヒマシ油や重曹などを混ぜ合わせて塗布する方法もあり、自分で作ることができます。これはわざと皮膚に炎症を起こした後、自然治癒力で治療する方法になりますが失敗すると傷跡が残ることもあるでしょう。腕や脚などの目立たないところでなら試してみる価値があるかもしれませんが、あくまで自己責任になります。もぐさを使ったほくろ除去方法もあり、気軽に試すことができたり、除去した跡が残りにくい特徴があります。取れるまで割と早めで3日〜4日ぐらいできれいになるでしょう。とはいえ確実に取れるわけではなく、火傷の可能性があったり、もぐさは安いものや高級なものまでいろいろあるのでどれにしようか迷ってしまいます。体に害のあるものではないので安全と言えますが、火を付ける必要があるので取扱いには注意が必要です。クリニックを利用するとプロの手によってきれいに治療してくれるでしょう。

Copyright© 2019 美容皮膚科では診察を行い最適な方法を提案してくれます All Rights Reserved.